SEOからSXOへ。サーチエクスペリエンス最適化7つのヒント

あなたは検索エンジン対策(SEO)に関心を持っていますか?

by Fortune
in SEO
Comments are off for this post.

わたし個人は、必要以上にSEO対策に傾注しないよう注意しています。SEO対策に夢中になっていると、いつの間にかSEO対策がゴールとなりビジネスゴールを見失うパターンがあまりに多いからです。

そして、最大の理由は Google など検索エンジンがルールを突然変更してそれまでのSEO対策に傾けた努力を一瞬で崩壊させてしまうリスクがあるからです。

ただ、検索エンジンの使命を冷静に考えれば、何かの情報を探すために検索エンジンにキーワードを入力する人が適切な情報にたどり着くよう最善の努力をするのが検索エンジンの役割であることも理解できます。

一般的にSEO対策を施すことに対する期待とは何かというと、裏ワザ的に検索エンジン結果において上位表示されるようにすることです。

つまり、ブラックハット的なテクニックを駆使することですね。

わたしは何も SEO対策が間違ったことだと言うつもりはありません。誰しもウェブサイトを運営していれば検索エンジンランキングで上位表示したいと願っているはずです。

ここでもう一度確認しておきますが、わたしはSEO対策にどっぷりとハマってしまうことやブラックハット的な裏ワザの虜になることは止めるべきだと考えています。

しかしながら、それでも検索結果ページの上位に表示されることは重要であることに変わりはありません。

もし、あなたが高い検索エンジンランキングを目指すなら、ひとまず検索エンジン最適化(SEO)のことは忘れてサーチエクスペリエンス最適化(SXO)について検討する時代になってきました。

Google やその他の検索エンジンは、彼らがインデックスするページについてこれまでとは異なる見方をするようになっています。

勿論、彼らはウェブページのコンテンツに注目することに変わりはありませんが、全体的なウェブサイトの構造やウェブページでこれまで注目してこなかったエレメントに着目しはじめました。

簡単に言えば、検索エンジンはウェブページにおけるユーザーエクスペリエンス(検索体験の最適化)に着目しています。

これらのエレメントは、そのウェブページが訪問者に何を提供しているのかという事柄を意味します。そのウェブページは訪問者が期待した情報を提供していますか?彼らが直面している問題の解決策を的確に提供していますか?

ユーザーの視点から言えば、「検索」するという行為は「質問」するとイコールいうことになります。ユーザーの質問に対して的確に回答してくれるウェブサイトが高く評価されるのです。

これまではコンテンツはキングと言われるようにコンテンツそのものにフォーカスされていましたが、これからはユーザーの質問に対して的確な回答を提供できるか否かという視点が重要になります。

このことを念頭に置いて、あなたの検索結果上位表示に役立つ7つのヒントをシェアさせていただきます。

あなたのウェブページのコンテンツを再点検


コンテンツは訪問者または単に何かを販売するために書かれたものですか?ほとんどのサイト訪問者は何かを売り込まれるためではなく情報を求めています。サイト訪問者の視点に立つことが重要です。もし、あなたが探している情報が見当たらないなら、あなたはそのウェブサイトに留まるでしょうか?サイト訪問者に対してあなたが売りたいものではなく彼らが求めている情報を提供してください。

あなたのウェブページに多くの内部リンクを設置していますか?


もしそうなら、内部リンクをなるべく減らしてください。できれば取り扱っているテーマに最も関連した重要なページ1つのリンク設定に絞り込んでください。

コールツーアクション設定


もし、あなたのウェブページのコールツーアクションにテキストリンクを採用しているならボタンに変更してください。これだけでユーザーエクスペリエンス評価を高める助けとなります。繰り返しになりますが、最も重要な関連ページへのリンク1つに絞り込んでください。

SSL 証明書


ご存知ないかもしれませんが、SSL証明書を導入した安全なウェブサイトに対して検索エンジンは高い評価を下します。もし、あなたがまだ SSL証明書を導入していたないなら今すぐ導入することをお勧めします。ただ SSL証明書の導入には高額な投資だけではなく毎年更新する料金が発生するので躊躇する人も多いのが現実です。

携帯端末最適化(モバイルフレンドリー)


まだまだ多くのウェブサイトが携帯端末に最適化されていません。ウェブサイトを携帯端末最適化すればより高い検索エンジンランキングを期待することができます。結果としてより多くのトラフィックを生成させることができます。

ウェブページロードタイム


あなたのウェブページ読み込み速度が遅ければ検索エンジンから高い評価を得ることができないだけではなく、最悪圏外へと弾き飛ばされてしまいます。今すぐ、あなたのウェブページの読み込み速度を最速化するようにしてください。

キーワード/キーワードフレーズ頻度


あなたのウェブページにキーワードやキーワードフレーズを3回以上利用しているなら、今すぐやめてください。お勧めは主たるキーワード・キーワードフレーズを1つにし、後は関連するキーワードやキーワードフレーズを適度にちりばめてください。

このように、視点を検索エンジンそのものに向ける(SEO)ではなく、検索エンジンを利用しているユーザーの利便性にフォーカスすることが重要だと考えられます。

Share this article

Comments are closed.